中古車査定|乗り替えの時に気になる事

中古自動車の査定を行ってもらって下取りに出したり売却したとき
自動車を乗り替えようと考えている場合もあるのはないでしょうか。

 

こうした場合、中古自動車の査定後どのタイミングに名義変更が行われると
自動車税の課税にとって有利なのかですが
自動車税は毎年4月1日現在の所有者に課すると地方税法に記載されています。
なので4月1日以降に名義変更で取得すれば、その年度は新しい自動車税の納税義務はないことになります。

 

反対に中古自動車の査定を行ってもらい売却したり下取りに出したりした場合
名義変更をしてもらったタイミングが4月1日より後になれば、
その年度の一年間分の納税義務が自分にあることになります。

 

このため、中古車査定を行う時に見積りと一緒に名義変更をする日を確認することが大切になってきます。
もし可能であれば抹消登録をした後に中古自動車の新規登録をしてもらうようにしましょう。
こうしておけば前使用していた自動車のナンバープレートも返納するため
その車の車体番号以外にその車を自分が以前使っていた自動車かそうでないのかまったく分からなくなります。
自動車税もいったん廃止しておけば、そこでその車の課税云々は終了ということになります。
ただし、滞納しているのであれば滞納分の督促などは行われるはずです。

 

なので、その時はちゃんと支払うようにしてください。

 

 

参考サイト